*

日光湯元温泉で入浴 安くて気持ちの良いおススメの日帰り温泉

   

 

日光湯元温泉

 

奥日光の戦場ヶ原を歩いたあと、湯元温泉に立ち寄り、日帰り温泉を利用しました。
とても気持ちのよいお風呂だったのでご紹介します。



スポンサーリンク
 

 

源泉「ゆの香」

日光湯元温泉

源泉「ゆの香」

「ゆの香」は、日帰り入浴と食事ができる施設です。

湯元温泉の立ち寄り温泉の中で、料金が安かったので選びました。施設自体は新しくはありませんが、とても気持ちのよいお風呂だったのでおススメします。

奥日光の散策のあとなどに利用できてよいのではないでしょうか。

入り口は建物の正面ではなく、右の通り沿いにある入り口から入ります。

料金

日光湯元温泉

700円というのは、湯元温泉の日帰り温泉では安い方です。

さらに、食事をすると500円になります。

 

お風呂

脱衣所、お風呂とも広くはなく、こぢんまりとしています。

洗い場は4つで、シンプルな内湯が1つ、露天風呂が1つです。

建物には年季を感じますが、清潔で掃除が行き届いていました。

内湯に置いてあるのは、リンスインシャンプーとボディーソープのみです。

温泉のことはよく分からないのですが、成分がしっかり含有された、質の良い温泉ではないかと感じました。源泉が近いので、ただのイメージかもしれませんが(^^;)

とにかくとても気持ちのよいお風呂でした。

貴重品入れは、お風呂の入り口手前の廊下に無料の鍵付きロッカーがあります。

脱衣所にアメニティグッズは置いてありません。ドライヤーもありません。

余分なものがないせいか清々しく、掃除も行き届いているので気持ちよく過ごせました。

利用したのは、金曜日の午後3時過ぎ。私1人だったので、貸し切り状態でした(^^)

 

源泉

日光湯元温泉

「ゆの香」のとても近くに源泉があります。

「ゆの香」の脇の道が「源泉通り」になっていて、「ゆの香」から通りを2,3分歩くと突き当りが源泉です。日光湯元温泉

 

修学旅行の小学生や、観光客など、多くの人が源泉を訪れていました。
私たちもお風呂に入ったあと、プラプラと歩いて行ってみました。日光湯元温泉

 

近くまで行けます。日光湯元温泉

日光湯元温泉

 

あちこちから湯気が出ています。日光湯元温泉

 

触ると温かいです。
場所によっては熱いところもあるので注意です。日光湯元温泉

お風呂に入った後のほどよい散歩になり、のんびりした気分で過ごせました。



スポンサーリンク
 

 

気になる紫外線対策

今回のようにトレッキングをした後は、たいてい午後3時~4時頃にお風呂に入ることが多いです。

車中泊やキャンプのときも、明るいうちにお風呂に入ってしまうことがあります。

お風呂で化粧を落としたら、もうお化粧はしたくありません。

でも、お風呂に入った後、日が沈むまでは結構日差しがあるんですよね。スッピンでいると紫外線が気になってしまいます。

それで最近、紫外線対策に使っているのが「ガードマスク」です。

キャンプのときの朝、お化粧をするまでの間の紫外線対策に、と思って購入したのですが、夕方も使えることに気が付きました。

お風呂上り、まだ日差しが気になるときは、このマスクをしてしのいでいます。A波、B波、両方カットしてくれます。生地が柔らかく肌触りがよいので、ストレスは感じません。便利です。

参考記事:アウトドアで過ごす朝の紫外線対策に『ガードマスク』はどう?

 

 

参考

奥日光で気軽に楽しめるおススメハイキング、戦場ヶ原を歩く

日光 歌ヶ浜第一駐車場<トイレ&プチ情報>

 

2017年9月中旬時点の情報です。

(ココ)



スポンサーリンク
 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
最後までお読みいただきありがとうございました 😛




 - 車中泊の旅 , , , ,