*

四国の食材を使って揚げない南蛮漬け

   
  2017/08/19

 

四国で買ってきた食材、レモン、新玉ねぎを使って超簡単な揚げない南蛮漬けを作ってみました。



スポンサーリンク
 

 

揚げない南蛮漬け

これはTBSで北斗晶さんがやっている「おびゴハン!」で紹介されていたもので、「揚げないアジのトマト南蛮漬け」というレシピです。

使っている食材と簡単さに「これは作らない手はない」と早速作ってみました。

レシピはちゃんとしたものがHPに載ってますので、そちらをご覧ください (^^;)

簡単にご紹介

材料

・アジ(バリエーション:鶏肉、豚肉など)
・野菜
レシピでは、玉ねぎ、にんじん、ピーマン、レンコン、レモンスライスとありますが、家にあるもので。

漬け汁
トマトジュース
※無塩のものなら塩を適量加える
300ml
300ml
白だし 大さじ5
レモン汁 半個分
鷹の爪(輪切り) 1本
主な手順

① 食材を切る
② 漬け汁を作る
③ アジの表面に小麦粉をまぶし、ごま油で焼き②の漬け汁に入れる
④ 野菜を軽く焼いて③に加え、レモンスライスをのせ、鷹の爪を加える
⑤ 15分くらい漬け込む

アジを焼いている間に漬け汁を作り、食材を切れば15~20分くらいで作れます。(漬け込む時間は入れていません)

漬け汁は材料が少なくて簡単

 

小麦粉はないので米粉で

 

今回は鶏肉で作りました
味がしみるように焼いてからそぎ切りに

野菜やレモンを一緒に漬け込む

レシピではレモンはスライス4枚とありましたが、搾ったあとのレモンも使っていっぱい入れました。玉ねぎはもちろん炒めずに生で。

 

お気に入りポイント

私が気に入ったポイントは
・揚げない
何といっても揚げないのは嬉しいです。
うちは滅多に揚げ物をしないので、焼くだけというのは簡単でよいです (^^)

・新しい味付け
漬け汁がトマトベースで、南蛮漬けのバリエーションが増えます。

・漬け汁が簡単
通常はしょう油、お酢、砂糖、みりん、酒などで造りますが、トマトジュースを使っていて材料が少なく簡単です。

南蛮漬けは、家にある材料で作れて応用が利くのでよいですね。
と言いながら、最近はスーパーで買ってくるお惣菜になっていました。お恥ずかしい(^^;)

揚げずに焼いて作ればいいんですね。
簡単だったので、これからはもっと作ろうと思いました。

野菜もタンパク質も一緒に摂れるし、これから出番が増えそうです。



スポンサーリンク
 

 

おまけ

感想

トマトベースの味付けは、さっぱりとしていて暑い季節にもよいかもしれません。
漬け汁は何度か使えますが、私は冷製スープとしていただくのがよいかなと思いました。
翌日にしら~っと出せば1品手間が省けます (^^;)

昔は結構料理もしていたのですが、今は本当にぐうたらで、ダメ主婦です。
とにかく面倒くさいのはだめ、できるだけ手間をかけたくない・・・。
そんな私が作ってもよいかな、と思いました。

原動力は「簡単」と「四国の食材を使える」というところでしょうか。
旅行先で買ってきたものを食べるのって旅行の後の楽しみの1つです。

 

四国で買ってきた食材

GWに四国を周ったときに買ってきた食材です。

新玉ねぎ
今が旬とあって、甘くて美味しいです。普段使っている玉ねぎとは別物です。

レモン
ナカナカ買えない国産のレモン。
皮ごと食べられます。皮ごと食べても苦くないし、果汁も酸っぱくないんですよね。レモンの印象が変わります。

道の駅では、美味しそうな野菜がいっぱい売っていたので、本当はもっと買いたかったのですが、周遊だと難しいです。

 

番外編

手抜きサラダ

レモン、新玉ねぎ、パプリカ、ツナ缶を混ぜるだけ

味付けなし!
レモンの爽やかさと、玉ねぎの甘さと、ツナ缶の旨みで味付けしなくても美味しいです。

これを料理というのか?

ペリは酸っぱいものはあまり得意ではないです。
レモンを丸ごとなんて抵抗があったと思いますが、「美味しい」とバクバク食べていました。

レモンが皮ごと食べられることにビックリして、レモンに対する印象が変わったみたいです。

全く酸っばくないというわけではありませんが、レモンの香りをほんのりと感じるくらいでちょうどよいです。玉ねぎの甘さとの相性もよくて、とても美味しかったです。南蛮漬けは鶏肉も大きすぎず、食べやすくて味わいがありました。南蛮漬けって何だっけ?と思ったのですが(料理のことはよく分からないので)、単純に美味しかったです。(ペリ)

 

揚げない南蛮漬け パート2?

茹でる南蛮漬けというのでしょうか。

私がときどき作るのは、鶏肉に片栗粉をまぶして茹でて、漬け汁につけるというものです。
野菜やきのこなども一緒に漬け込みます。

ささみでもむね肉でもパサパサせずに、プリプリとやわらかにいただけます。

(ココ)



スポンサーリンク
 


最後までお読みいただきありがとうございました 😛

広告・サイト内ピックアップ記事

 



 - 食べ物 , ,