*

信州トレッキングコース/高峰高原・池の平湿原をハイキング

   
  2017/11/28

 

池の平湿原

 

10月下旬に高峰高原の池の平湿原を歩いてきました。数日前に雪が降ったので、残雪の中のハイキングとなりました。
紅葉具合、残雪の様子、池の平湿原の景色、日帰り温泉、車中泊スポットなどの情報をまとめています。



スポンサーリンク
 

 

トレッキングコースについて

車坂峠から黒斑山や、前掛山を登るコースなど幾つか登山コースがあります。

長野県高峰高原アサマ2000パークスキー場のホームページの、グリーンシーズンのページに「トレッキング・散策コースの紹介」があり、分かりやすいです。

リンク:
高峰高原アサマ2000パークスキー場HP
高峰高原のグリーンシーズンのページ

今回は、初級者におすすめという、池の平湿原ハイキングコースを歩きました。

高峰温泉の方に「見ごろは中コースだよ」と教えていただいたのですが、中コースは「中級者におすすめ」とあって、体力に自信がなかったので ((^^;情けない・・・)、初級者におすすめという「池の平湿原」を選びました。

 

ビジターセンター

高峰高原ビジターセンター

ビジターセンターの駐車場はあまり広くありません。金曜日の朝8時半ごろには、駐車場はいっぱいでした。

高峰高原ビジターセンター

満車の場合は、200m先のスキー場の駐車場を利用してくださいとのことです。高峰高原ビジターセンター

ビジターセンターの館内はとても綺麗です。
高峰高原ビジターセンター高峰高原ビジターセンター

高峰高原ビジターセンター

高峰高原ビジターセンター

高峰高原ビジターセンター

ビジターセンターは早く閉まってしまいます。トレッキングを終えて、15:30頃に立ち寄ったらすでに閉まっていました。閉館時間は確認しておくことをおススメします。

 

高峰温泉(ランプの宿)

高峰温泉

宿泊客が、自家用車の他バスでも到着して、とても賑わっていました。
トイレをお借りしましたが、スタッフの方は親切で、施設もとても綺麗でした。混雑の中、トイレをお借りして申し訳なかったです。

日帰り温泉もありますが、
野天風呂の利用はできません。
高峰温泉

利用時間は16:00までで、入浴料は500円と安いです。

 

高峰温泉から池の平湿原駐車場へ

高峰温泉から先に進むと、池の平湿原駐車場があるので、そこまで車で行く予定にしていました。ところが凍結のため11時まで通行止めとなっていました。

高峰高原

車での通行ができなかったので、仕方なく高峰温泉から池の平湿原の駐車場まで歩いて行くことに。
車は高峰温泉の方のご厚意で、敷地の端っこに停めさせてもらいました。

周りに山々は見えますが、車が走る道です。同じような景色が続きます。
また緩やかな坂道で、どこまで続くのかと、結構しんどかったです (^^;)

高峰温泉から池の平湿原

高峰温泉から池の平湿原駐車場まで、歩いて約50分かかりました。帰りも同じくらい時間がかかりました。

 

池の平湿原の散策

 

 

 

 

池の平湿原

今回のコース(約2時間)

池の平湿原入口―(池の平遊歩道)―鏡池―三方ヶ峰―見晴岳―雲上の丘―(みはらし歩道)―雷の丘―村界の丘―池の平湿原入り口

池の平湿原入口から池の平遊歩道を歩く

湿原への入り口です。池の平湿原

紅葉には遅いですが、広々とした景色の中を歩きます。池の平湿原

 

鏡池

鏡池というだけあって、池に景色が映っています。池の平湿原

鏡池から三方ヶ峰へ向かう階段、
雪が積もっていて滑りやすかったです。
池の平湿原

 

三方ヶ峰

三方ヶ峰三方ヶ峰

ここでは休憩ができます。三方ヶ峰

 

見晴岳

見晴岳池の平湿原見晴岳

見晴岳からの景色 池の平湿原見晴岳

見晴岳からピグミーの森を通り、雲上の丘へ向かいます。

 

雲上の丘

雲上の丘池の平湿原雲上の丘

ここは広めですが、下が石だらけです。工夫して座って休憩している人はいましたが、私たちは諦めて先へ進むことに。

雲上の丘からみはらし歩道を歩き、雷の丘へ向かいます。

 

雷の丘

雷の丘池の平湿原雷の丘

ここは下に石があり、広くはないので、休憩にはあまり向きません。

 

村界の丘

村界の丘池の平湿原村界の丘

ここも雷の丘同様、足元は石、広くないです。

村界の丘から池の平湿原の入口へ向かいます。ここから湿原までは下り道です。

 

池の平湿原入口へ到着

平日ということもあってか、晴天にも関わらず、すれ違う人は数人でした。

10月下旬でしたが、池の平湿原周辺の紅葉にはちょっと遅かったかな、という印象です。

膝の調子がイマイチだったので、初心者向けの池の平湿原の散策を選びましたが、こちらのコースでも、湿原の遊歩道以外にはアップダウンがありました。
それほど急な道ではないですが、ちょこちょこ登りや下りがありました。膝に痛みが出そうで心配になりましたが、大丈夫でした (^^)

見ごろだという中コースへ行けなかったのはやっぱり残念でしたが、開放感は存分に楽しめました。

 

昼食休憩の場所

初めてのところは昼食をどこで食べるか、いつも悩みます。

環境的にはイマイチだけど、時間的にここで食べてしまおうか、でもこの先にもう少しよい場所があるかもしれないし・・・。

今回もそのパターンで、結局湿原の入口まで戻ってきてから食べました。少し遅い昼食になりました (^^;)

途中に眺望のよいスポットはありますが、下が石だらけだったり、場所が狭かったりします。

後になって振り返ると、おススメは三方ヶ峰と見晴岳です。

三方ヶ峰は眺望がよくイスもあるので、休憩はしやすいと思います。

見晴岳は、「見晴岳」の看板付近は足元に石がゴロゴロしていますが、少し先に下ると石がなくなります。
大きな岩があるだけでイスなどの人工的なものはありません。個人的にはこちらの方の雰囲気が好きです。

見晴岳の大きな岩の上で
休憩している人がいました。
気持ちよさそうです。池の平湿原見晴岳

あとは湿原の入口付近でしょうか。休憩できるイスを設置している場所が何ヵ所かあります。

 

池の平湿原の入口からスタートして、ここに戻ってくる今回のコースを、約2時間ちょっとで歩きました。
10時頃から歩き始めればお昼には戻って来られるので、それからゆっくり食べるのもよいと思います。



スポンサーリンク
 

 

池の平湿原駐車場

有料です。ホントはここに車を停めるはずでした。500円節約???

高峰高原駐車場

 

トイレ

池の平湿原駐車場トイレ

駐車場にあるトイレです。とても綺麗でした。
個室は洋式7の内1つには、ベビーシートとベビーチェアの両方がありました。

池の平湿原駐車場トイレ

池の平湿原駐車場トイレ

池の平湿原駐車場トイレ

池の平湿原駐車場トイレ

 

日帰り温泉

日帰り温泉は付近に湯の丸温泉や天狗温泉もありますが、近いのはランプの宿の高峰温泉と、高峰高原ホテルの日帰り湯です。

どちらも高峰高原にあり、眺望がよいのがウリです。今回は高峰高原ホテルの日帰り温泉を利用しました。

 

高峰高原ホテル

高峰高原ホテル

入浴料800円、貴重品ボックスは100円でリターンはなしです。

100円のリターンがないことを、フロントの方は申し訳なさそうにしていて、とても感じがよかったです。

お風呂は、窓が大きく景色が見えました。すごく気持ちよかったです。

高峰温泉より遅くまで入浴できます。日帰りならこちらの方が気兼ねなく過ごせる雰囲気があり、よいかなぁと思いました。(個人的感想ですが)

 

外のトイレ

高峰高原ホテル

登山者用なのでしょうか?ホテルの外にトイレがありました。
電気はセンサーでつくようになっています。外のトイレなのにとても綺麗でした。

高峰高原ホテル

高峰高原ホテル

 

駐車場からの景色

ここは、眺望百選だったのですね。高峰高原ホテル

駐車場から見える夕陽高峰高原ホテル

ちなみに、フロントの方に了承をいただければ、駐車場で車中泊をさせて貰えるようです。必ずフロントの方にご確認ください。了承をいただいた場合でも迷惑行為は絶対にダメです。

 

車中泊スポット

・上信越自動車道 佐久平PA下り(前泊など)
ドラぷら 上信越自動車道 佐久平PA下り

・軽井沢森のいえ 晴れたらいいね(湯YOUパーク・電源あり)
くるま旅HP 軽井沢森のいえ 晴れたらいいね
軽井沢森のいえ 晴れたらいいねHP

・道の駅みまき(風呂あり)
道の駅(長野県)みまき<トイレ&プチ情報>

 

2017年10月下旬時点での情報です。

(ココ)



スポンサーリンク
 


最後までお読みいただきありがとうございました 😛

広告・サイト内ピックアップ記事

 



 - 車中泊の旅 , , ,