*


バンコンのサブバッテリーが車中泊先でほぼ空に!残量不足の理由は・・・

   
  2020/07/16

 

サブバッテリーメーター

 

秋に車中泊をした際に、出先でサブバッテリーを空っぽにしてしまいました(^^;)
一番困ったのは冷蔵庫です。車中泊の最終日で、帰るだけだったのが、不幸中の幸いでした。
その時の経験で、気付いたことをまとめました。
出先でサブバッテリーの残量不足にならないように、参考にしていただければと思います。



 

 

サブバッテリー空っぽ事件

秋に、前泊も含め3泊したときのことです。

最終日にサブバッテリーを空っぽにしてしまいました(;_;)

あれだけサブバッテリーの残量を気にしていたのに、だんだん慣れてきて気が緩んでいたのかもしれません。

いつもは、冷蔵庫も冷凍庫も割と食品が入っています。

でもこの時は珍しく冷凍庫は空だし、冷蔵庫の方も食品は少な目でした。

クーラーバッグを積んでいたので、冷蔵庫の中身をクーラーバッグに移して、何とか乗り切りました。

 

サブバッテリーが空になったのはなぜ?

サブバッテリーを空にしてしまった理由を考えてみました。

サブバッテリーの残量がもともと少なかった

わが家は立体駐車場なので、外部充電ができません。

駐車場の高さの関係でソーラーパネルも付けられませんでした。

そのため、充電は走行充電に頼っています。

ペリが車通勤なので、細々とではありますが充電されます。

出掛けるときにはいつも、60~70%ぐらいの残量がありました。

でも、今にして思えばなのですが、この時はたぶん30~40%くらいしかなかったと思います。

理由は、

・2週続けて週末に車中泊をしていた

・出張が多くて、1週間の間に車に乗る機会が少なかった

今から思えば、サブバッテリーのメモリはいつもより微妙に下だったと思います。



スポンサーリンク
 

 

走行距離

ゴールデンウイークに、四国を7泊8日で周りました。

それでもビクともしなかったサブバッテリー。それなのになぜ?たった3泊で?と思いました。

でもよく考えたら、理由はありました。

四国のときは、走る距離が違いました。

次の目的地まである程度距離があり、高速なども使っていたので、日々走行充電ができていたと思います。

でもこの時は、次の目的地までの距離がそれほどなくて、一般道での移動でした。

そのため走行充電があまりできなかったのだと思います。

また、高速を走っているときも、後部座席を冷やそうとエアコンを使っていました。

せっかく走行充電できるチャンスも、エアコンを使ったため、サブバッテリーの充電には回らなかったのだと思います。

 

メモリの見誤り

わが家のサブバッテリーの計測計は、メモリの微妙な数値の違いで、充電状態にかなり幅があります。

今まで、少しくらいの振れは「誤差」としか思っていませんでした。

今回も「いつもと同じくらいかな?大丈夫じゃない?」と安易に思ってしまいました。

ちょっと見にくい計測器ですが、もっとシビアに見るべきでした。



スポンサーリンク
 

 

サブバッテリー残量不足の前兆は?

前兆はありました。車内灯がチラチラとしていたのです。

初めてのことだったので、どうしたのだろう? どこか不具合?と思っていました。

もしかしてサブバッテリーの残量が少ないのかと気にして、メーターも確認しました。

でもバッテリーのメモリの微妙な違いが、この時は分からなくて、まだあるのになぁと思ってしまいました。

よく注意して見るようになった今、この時のことを考えると、おそらく25%ぐらいしかなかったのだと思います。

それで、とうとう残量ほぼ0にしてしまいました(^^;)

サブバッテリーの残量計、もう少し分かりやすいのにしたいなぁ。。。

 

心残り

今の車で心残りだったのが、ソーラーパネルをつけられなかったことです。

ソーラーがあれば、残量0という事態は避けられたと思います。

でも駐車場の関係でどうしても付けられませんでした。

何か手立てはないかといろいろ見ていたら、こんなのを見つけました。

 

折りたためコンパクトなので、使いたいときだけ出せていいなと思いました。

でもよく考えてみたら、車の屋根に付けられなければ意味ないですね(^^;

車内に置いてもちょっとは充電できるのかなぁ?

それに車のサブバッテリーに充電できるのか、私には???です(^^;

キャンプ場で使うにはいいかもしれません。

(ココ)



 

 
車中泊便利グッズ 
 
最後までお読みいただきありがとうございました 😛

広告・サイト内ピックアップ記事



  この記事のカテゴリ: 車中泊の旅
   

 - 車中泊の旅 , ,