*

バンコンレイアウト 二の字シートの使い勝手、使用感 ②良かった点

   

 

二の字シート・テーブル

 

今のバンコンに乗り始めて、約1年が経ちました。わが家のバンコンのレイアウトは二の字シートです。バンコンには、多いレイアウトだと思います。
1年乗ってみて、使い勝手の感想をまとめてみました。
個人的な感想なので、その辺を考慮して参考にしていただければと思います。
今回は、二の字シートのレイアウトでよかった点についてまとめました。



 

 

わが家のバンコンの仕様

車輌サイズは、ナローボディ、標準ルーフです。

レイアウトは、前にギャレー、後ろにベッドです。

キャンピングカーレイアウト

なお、前の記事で、今のレイアウトの感想、二の字シートで気になった点についてまとめていますので、よろしければそちらもご覧ください。

わが家のバンコンは極小です。極小バンコンに乗っている私たちの、個人的な感想ですのでご了承ください(^^;)

 

よかった点

運転席からの見通し

バンコンレイアウト

運転席から後ろがよく見えます。

バックモニターは付いていますが、走行中にバックミラーで後ろの状況や、助手席側の後ろが目視できるのは、運転手としては安心感が違うようです。(ペリ曰く)

 

圧迫感がない

家具が作り込んであると圧迫感、閉塞感があります。車両が小さいと尚更です。

そういう意味では、二の字シートは見通しがよいですし、ベッドにしたときに広々としています。

でも家具が作り込んであると、隠れ家みたいな感じがして、楽しさはありますね(^^)

 

ベッドメイキングがラク

ベッドメイキングは簡単です。

座席を回転させたりする手間がなく、シートをはめ込むだけなので楽です。



スポンサーリンク
 

 

わが家での使い方

常時ベッドにしています

わが家では、普段から後ろはベッドにしたままです。

全面、滑り止めシートを敷いて置き、買い物をしたときの荷物など、すぐ置けるようにしています。

車中泊にでかけるときも、ベッドにしたままです。

着替えは座席の下に収納して、よく使うものはベッドの上に置いています。

 

ダイネットについて

ダイネットを使うのは、食事時やリラックスするときくらいです。

車内が狭いので、ダイネットにすると、テーブルが邪魔になり動きにくいのです。

食事時やリラックスするときには、ダイネットを使いますが、ちゃぶ台形式にしたり、掘りごたつ形式にしたりできて、二人なら十分ゆっくりできると思います。

ダイネットのテーブルは邪魔になるので、ちょっとした作業のために、折りたたみの小さなテーブルを積んでいます。朝、化粧をするときなど便利です。

 

ベッドにしているときの荷物はどこに?

夜、ダイネットやベッドにする際には、ベッドの上の荷物を移動させますが、置き場は助手席や運転席になります。

意外と使えるのは助手席の後ろです。
助手席を前に移動させ、背もたれも前に倒すと、助手席の後ろにスペースができます。意外と物が置けます。アクセスもいいので便利です。

その他通路(足もと)にも置いています。ベッドの下になってしまいますが、通路に被せるシートは細かく分かれているので、使い勝手はよいです。

手の届くところに置いておきたいスマホなどは、ポールにかけたウォールポケットに、天井のネットには布団袋など、迷子になりそうなものを入れています。

 

いろいろ試した結果、わが家ではこのスタイルに落ち着きました。

それぞれの事情によってスタイルは違ってくると思いますので、落ち着くまではいろいろ試してみるとよいのではないでしょうか。

 

シート下の収納を上手く使うには

シートの下の収納を上手く使うポイントは、

・どこに何をいれたのか、把握しておく

・いつ何を使うか、使用頻度や使うタイミングを考えて、収納場所を選ぶ

だと思いました。

使い勝手をよくするためには、工夫は必要ですが、何度か出掛けるうちに、どこに置いておくと便利なのか分かってきて、定位置が決まってくるのではないでしょうか。

最初の頃は、荷物が行方不明になることがよくありました。衣類を袋に入れていますが、今日の着替えはどの袋だったかなぁ、パジャマはどれ?など、座席シートを持ち上げて、袋を出したり入れたり(^^;)

入れる袋を決める、袋に番号を付けるなどしていますが、まだ改善の余地ありです。

こんな感じで、狭いながらも、満足して使っています。

 

今回は、二の字シートのよかった点をまとめましたが、気になった点についても、前の記事でまとめています。

よろしかったらこちらもご覧ください。

(ココ)

 
車中泊便利グッズ 

  
最後までお読みいただきありがとうございました 😛

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 


  この記事のカテゴリ: キャンピングカー選び
   
 

 - キャンピングカー選び , ,