*

立体駐車場でも諦めないキャンピングカー選び(2)シンクの配置

   

 

立体駐車場

 

わが家の駐車場は立体駐車場なので、立体駐車場に置けるキャンピングカーを探しました。
その時の経験から「立体駐車場に置けるバンコンを探す」をテーマにして、気付いた点をまとめています。
今回は、二の字シートという限られたレイアウトで、できることを考えてみました。



 

 

立体駐車場のサイズ

わが家の駐車場のサイズは次の通りです。

全長 5m

全巾 1.85m

全高 2m

重量 2t

このサイズですからバンコンです。

ベース車両はナローボディ、標準ルーフで、車体は一番小さいものになります。

 

バンコンは二の字シートが主流

立体駐車場に置ける車は、そんなに大きくはありません。

そうなると、ある程度レイアウトは決まってしまいます。

ほとんどは二の字シートで後ろにギャレーを持ってきたタイプです。

法改正があったので、昨年のキャンピングカーショーをみても、ほとんどこのタイプでした。

バンコンでも、ハイルーフやポップアップがつけられると、レイアウトに変化を持たせられます。
車高がとれるので、ギャレーを車内の前や中間に持ってくることができますし、二段ベッドなどもあります。

駐車場の全高が高ければ、選択肢はいろいろありますが、全高が2mくらいだと二の字シートになると思います。

 

二の字シートはシンクの配置を考えてみては?

二の字シートの場合、シンクの位置などに気を付けてみてはどうでしょうか。

普通は、車内の後ろを掘るのでギャレーは後ろに配置されます。

以前キャンピングカーショーで前(2列目あたり)を掘っている車がありました。あまり見たことがないので、珍しいなぁと思いました。ただ、通常は後ろを掘るのがほとんどだと思うので、後ろを掘る前提で考えてみたいと思います。

キャンピングカー

 

ギャレーにつけるものとして、調理設備、シンク、調理台があります。

この配置は、ある程度自由がきくと思うので、使いやすさを考えてみるとよいと思います。

例えばシンクの位置です。下の写真では、前寄り(写真 左)にシンク、後寄り(写真 右)に冷蔵庫が配置されています。冷蔵庫の方が後ろのドアに近い配置です。

レイアウトシンク

 

こちらは、後寄り(写真 手前)にシンク、前寄り(写真 奥)に電子レンジ(調理設備)です。シンクの方が、後ろのドアに近い配置です。

レイアウトシンク

 

これはあくまでも私個人の感想なのですが、シンクは後ろのドアに近いところにある方が使いやすいかな、と思っています。

理由はメンテのしやすさです。

シンクは使用するたびに給排水タンクを着脱する作業が必要です。後ろのドアに近い方が、メンテをする際に何かと都合がよいと思いました。

ただ、それぞれの事情によって考え方はいろいろだと思います。
冷蔵庫がドアに近い方がいいという人もいると思います。

使用しているところをイメージして、使いやすい配置を決めるとよいのではないでしょうか。

シンクの位置は、車種やビルダーによって、変えられるものもあれば、変更不可の場合もあるので、確認してみるとよいと思います。



スポンサーリンク
 

 

冷蔵庫のタイプ

小さなことかもしれませんが、選べるものとして、冷蔵庫のタイプがあります。

冷蔵庫はオプションですが、もし冷蔵庫を載せるのなら、冷蔵庫の扉が前開きか、上開きかで使い勝手が変わるので、狭いバンコンなら検討する価値はあると思います。

上開き冷蔵庫

冷蔵庫

スペースの観点から
・前開きだと扉を開けるスペースが必要だが、冷蔵庫の上は使える
・上開きだと、扉のスペースは不要だが、冷蔵庫の上にはものが置けない

機能的な観点からは
・保冷力は上開きの方がよいが、冷蔵か冷凍かのどちらかになる
・前開きは保冷力は劣るが(扉を開けると冷気が一気に逃げる)、冷蔵と冷凍が同時に使える

どちらも一長一短なので、車内のスペースをどのように使いたいのかイメージして、使い勝手のよいタイプを選ぶとよいですね。

またシンクと同様、どの位置が使いやすいのかも考えてみるとよいと思います。

 

二の字シートだと、レイアウトがほぼ決まってしまいますが、カスタマイズできるところもあるので、少しでも使いやすくできるといいですね。

 

(ココ)

 
最後までお読みいただきありがとうございました 😛

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 


  この記事のカテゴリ: キャンピングカー選び
   

 - キャンピングカー選び , , , , , , ,