*

キャンピングカーへの興味が高まる

   
  2017/08/31

ミニバンなどで車中泊をしている人なら、きっとキャンピングカーに興味があるのではないでしょうか。
わが家もキャンピングカーショーに行ってはいましたが、具体的な計画や目標もなく、どこか他人事でした。
高価なうえ駐車場の問題もあるので、現実的には考えられなくて「何年後になるのかなぁ」と思いながら見ていたのです。



 

 

あるキャンピングカーショーで

現在わが家はノアで車中泊をしていますが、車中泊をする際のベッドメイクを面倒に感じ始めていました。

そのため、キャンピングカーショーではベッド展開の必要がない、2段ベッドのタイプに目が行きました。

わぁ、いいなぁ」とふたりで盛り上がったのは、OMCさんの『銀河』です。

ベッドメイクがいらず、ダイニングもそのまま使え、トイレルームもあります。

車内で過ごすために、様々な作業が必要になる現状と比べると夢のようです。

でも、わが家の駐車場では、ハイエースならナローの標準ルーフでないと置けません。

その時は、ただの憧れ、夢、遠い先の目標、そんな感じで見ていました。



スポンサーリンク
 

 

駐車場に置けないんですよね・・・の一言から

そばに居たビルダーの方が、銀河の特徴を話しています。

思わず「いいですねぇ」と私たち。

その後、気が付くと「でも駐車場に置けないんですよね」とボソッと言っていました。心の声でしょうか (^^;)・・・・

今まで、どうせダメだろうと駐車場の話はしたことがなかったし、具体的な計画もなかったので、ビルダーの方に積極的に話を聞くことをしていませんでした。

私たちの独り言のような言葉に、ビルダーの方は「そのサイズだと・・・」と他の車両を探し始めます。

展示車に『北斗』という車両がありました。

これも幅、高さとも若干大きいのですが、「これなら、家具のサイズを変えれば・・・」となにやら頭の中でアレコレ考えている様子です。

法令や車両によって、できること、できないことはあるにせよ、サイズ調整は可能なことを知りました。

 

カスタマイズという方法を知る

OMCさんには、他に『ボギー』という車両があります。これならわが家の駐車場にも入るのです。内装をカスタマイズするのは可能とのことです。

OMCの方は、とっても親身に話を聞いてくださいました。

ここなら、私たちの条件に合うように、知恵を絞ってくれそうです。

狭い駐車場でも、車を選びカスタマイズするという方法があることを知り、ここからキャンピングカーに対する思いが、グッと高まりました。

 

この後、真剣にキャンピングカーのことを考え始めるのですが、自分たちが求めるレイアウトを検討する中で、これらは候補からはずれてしまいました。

でもOMCさんには感謝しています。

とてもよいビルダーさんだと感じました 🙂

(ココ)

 
最後までお読みいただきありがとうございました 😛

広告・サイト内ピックアップ記事

 


  この記事のカテゴリ: キャンピングカー選び
 
  カテゴリ内の前の記事:
 

 - キャンピングカー選び , , , ,