*

ノアで車中泊!自作のタイラー君でベッドのフラット化

   
  2019/10/14

 

ノアで車中泊をはじめた私たち。
快適に車中泊をするためにはベッドのフラット化は必須です。
ベッドをフラットにするための商品はいろいろありますが、なるべくお金をかけずにできないかとベッドキットを自作しました。



 

 

乗り換えの変化

アルデオに乗っていた私たち。

車中泊をもっと楽しみたいと、アルデオからノアへ乗り換えをしました。

この乗り換えは車中泊を劇的に変えました。

天井が高くなった分寝た時の圧迫感も軽減され、車内で食事をとることもできます。

アルデオの時に気になったベッドメイクも、車の中でできるようになりました。

ただ、実際は雨でも降らない限り、荷物の移動は外へ出て行うことが多かったです。

 

ベッドの問題

ノアで車中泊をする上での問題は、後部座席のシートを倒した時の段差です。

凸凹を吸収しようと、最初は座布団やタオルなどを詰め、適当にやっていました。

そのうち、タイラー君という商品があることを知りますが、結構なお値段がするので、購入には躊躇しました。



スポンサーリンク
 

 

なんちゃってタイラー君

自分たちで何か工夫ができないかと考えた末出来上がったのが、なんちゃってタイラー君でした。

ユザワヤでストレッチの効いた布、ホームセンターでビーズタイプの発泡スチロールと板状の発泡スチロール、100均で洗濯ネットを購入。

100均の洗濯ネットにビーズタイプの発泡スチロールを入れて、シートの凸凹に合わせて変形するようにしました。

ビーズの量は凸凹に合わせて調整しました。

100均の洗濯ネットの中にビーズタイプの発泡スチロールを入れています自作ベッドキット

 

ベッドになる上部部分は、板状の発泡スチロールを使いました。

板状の発泡スチロールに、洗濯ネットに入れた発泡スチロールを貼り付けて、ストレッチの効いた布で包みます。

できるだけ天井を高くしたかったので、シートを倒したときに一番高くなる3列目部分に合わせ、2列目の凸凹を埋めました。

発泡スチロールを使っているので、防寒対策にもなりました。

ノアで車中泊をしていて、下からの寒さは感じたことがありません。

自作ベッドキット

 

収納にちょっと場所はとります。

 

だいぶ散らかっていてお恥ずかしいですが(^^;)、
布団を敷いてこんな感じです。 自作ベッドキット

 

布団となんちゃってタイラー君の間にゴザを敷いておきました。自作ベッドキット

 

布団を畳むとゴザになるので、
この状態で旅先で見つけたもので食事です。
自作ベッドキット

 

ペリの身長は約170㎝。

あぐらをかいて座り、天井に頭が付くか付かないかくらいの空間があります。

このなんちゃってタイラー君のおかげで、快適に車中泊ができるようになりました。

 

 

最近は車中泊をする方が増えてきて、車中泊マットはいろいろなものがあるようです。

予算や使い方、車種によって選べそうですね。

(ココ)

 

 
車中泊便利グッズ 
 
最後までお読みいただきありがとうございました 😛



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事



  この記事のカテゴリ: キャンピングカー選び
 
  カテゴリ内の前の記事:
 

 - キャンピングカー選び, 車中泊・アウトドアグッズ , , , , ,

車中泊におすすめの便利グッズを探してみました