*

わが家のキャンピングカー選び、まずは情報収集!

   
  2017/08/18

キャンピングカーの購入を考えようということになり、それからは真剣にキャンピングカーショーを見て周るようになりました。今まで人ごとのように見ていましたから (^▽^;)



 

 

ビルダーさんに話を聞く

まず車両サイズを見て、何とかなるのでは?と思ったら、カスタマイズは可能なのかビルダーさんに話を聞くようにしました。

「既存のものしかできない」というところもありますが、高さぐらいなら上部の棚が小さくなったり、なくなったりする程度なので、多くの場合は対応可能でした。

(「キャンピングカーへの興味が高まる参照」)

 

見積りをとる

今まで1度もしたことがなかった、見積りも出してもらいました。

見積りをお願いするなんて、また1歩、購入に向けて進んでいる実感がわき緊張です ((>д<))

 

見積りをとると、どんな装備やオプションがあるのか、何を決めなければいけないのか、大体の金額などが分かります。

見積りの時点では「夢と希望と妄想」で、とりあえず贅沢に装備を付けているので、それから取捨選択をすることになります。

予算に上限がないのなら、ぜーんぶ付けてしまえばいいけれど、そういうわけにもいかないですよね(^o^;)

 

装備の取捨選択

装備の取捨選択は皆さんが悩むところではないでしょうか。お金に余裕があればいいのですが、おそらく多くの人は予算と相談しながらだと思うので、どれを取ろうか、どれを諦めようか、悩みどころです。

 

取捨選択のためには、装備のことが分かっていないと選べないのに、ついこの間までキャンピングカーの購入など考えてもいなかった私たち、装備のことを全く分かっていませんでした。

見積りの内容をビルダーさんに教えていただいたり、家に帰ってきてからネットで調べたりです。でも興味のあることを調べるのは楽しいですね (^_^)

 

装備には車のメーカーオプション(例えばイモビライザーやオートスライドドアなど)、ディーラーオプション、ビルダーの架装で載せるものとがあります。

架装時のものには、標準でついているものと、オプションでつけるものとがありますが、その内容は各ビルダーや車種によって違います。

またある程度の装備がパックになっているものもありますが、その内容もビルダーや、車種によりそれぞれ違います。

 

装備の中で金額が大きく悩むものは、FFヒーター、ソーラーパネル、バッテリー、インバーター、冷蔵庫、ベンチレーターなどではないでしょうか。

これらはビルダーでつける装備です。あると便利なものばかりですが、選ばなければいけないときはどのような使い方をするのかを考えて、皆さん選んでいるのだと思います。

例えば、スキーに行くときにキャンピングカーを使いたいのであれば、FFヒーターはあった方がよい、クーラーボックスで代用できるから冷蔵庫はなくてもよい、という具合です。

キャンピングカーをどのように使いたいのか、イメージするのは大切ですね。



スポンサーリンク
 

 

勉強が必要だった!

キャンピングカーが欲しいと思っていた割には、私たちは本当に無知でした。それだけ今購入することに対して本気ではなかったのでしょう。

お恥ずかしながら、この時点ではキャンピングカーの定義さえも分かっていませんでした。

8ナンバーと3ナンバーの違い、どんなメリット、デメリットがあるのか・・・ビルダーさんにも聞いてみましたが、イマイチ理解ができませんでした (・.・;)

そもそも、自分でちゃんと勉強するべきと反省し、家でまたまた情報集めです。

「うん、うん、なるほど。8ナンバーにも、3ナンバーにも、いろいろと要件があるのね」

8ナンバーと3ナンバーの違いについてやっと理解しました (*^.^*)

キャンピングカーの購入を決断したものの、知らないことだらけだったので、とにかく情報収集して勉強したのでした。

高価な買い物です。あとで後悔しないように自分で納得しておくことは必要ですね (^^)

(ココ)

 
車中泊便利グッズ 

  
最後までお読みいただきありがとうございました 😛

広告・サイト内ピックアップ記事

 


  この記事のカテゴリ: キャンピングカー選び
 
  カテゴリ内の前の記事:
 

 - キャンピングカー選び , , , ,

車中泊におすすめの便利グッズを探してみました