*


車中泊・アウトドア・家でも使える:ハリオマグコーヒーメーカーZebrang/ゼブラン

   

 

ハリオマグコーヒーメーカー1

 

一人分のコーヒーを淹れるのに、最近よく使っているのはハリオのマグコーヒーメーカーZebrang(ゼブラン)です。

浸漬式で、車中泊でも、キャンプやトレッキングなどのアウトドアでも、家でも便利に使えます。



 

 

浸漬式マグコーヒーメーカー

『HARIO 真空二重マグコーヒーメーカー Zebrang ゼブラン』

真空二重マグで丈夫なので、車中泊やキャンプなど、アウトドアで使うのに気を遣いません。

収納袋もついてきました。

 

使い方

使い方は簡単。

コーヒー粉を入れてお湯を注ぐだけ。

量らなくてもコーヒー粉の分量が分かるように、フィルターに目安の印がついています。

 

ハリオマグコーヒーメーカー7

 

もちろん粉の量は好みで調整してもいいです。

あとはお湯を注いで3分待つだけ。

この時間も、好みで調整してOK。

私は5分くらい浸してます。

蓋は、蒸らしたり、フィルターを置いたりできます。

 



スポンサーリンク
 

 

ハンドドリップ?

浸漬式が苦手な場合の荒業???

ちょっと面倒ですが、フィルターを持ち上げた状態でお湯を少し注ぎ、フィルターをカップのフチにかけてコーヒーを落とします。

これを何度か繰り返すと、ハンドドリップでも淹れられます。

ハリオマグコーヒーメーカー9

本来はお湯切り用のスタイルですが、この方法でちゃんと淹れられました。

メッシュフィルターなので、どちらも微粉が入ります。

浸漬式と味の違いはあるのかな???

比較したところで、私に違いが分かるかどうかは怪しいですが(^^;

 

抽出後の粉の片付けは?

車中泊やアウトドアで使う時に気になるのが、抽出後の片付け。

フィルターを逆さにして5,6回トントンとしたら、こんな感じで粉が捨てられました。

ペーパーの方が片付けやすいけど、このくらい粉が落ちれば許容範囲です。

ハリオマグコーヒーメーカー4[1]

出先なら、サッとすすぐか拭くだけで大丈夫(私はですが(^^;)。



スポンサーリンク
 

 

フレーバーコーヒーも

ハリオマグコーヒーメーカー6

最近は、気分転換にフレーバーコーヒーにすることも。

フレーバーコーヒーは私しか飲まないので、抽出後にシナモンパウダーなどを入れていましたが、口当たりが少し気になることも。

マグコーヒーメーカーなら、抽出前にコーヒー粉と一緒にフレーバーのパウダーを入れて、自分の分だけフレーバーコーヒーにすることができます。

 

 

■こちらもどうぞ

 

家で使うことの方が多いけど、コンパクトだし、丈夫だし、車中泊やキャンプでも、忙しいときでも、サッと使えて、片付けも楽。

シンプルなので面倒がなく、気軽に使えていいです(^^)

 



 

 
車中泊便利グッズ 
 
最後までお読みいただきありがとうございました 😛

広告・サイト内ピックアップ記事



  この記事のカテゴリ: 車中泊・アウトドアグッズ
 

 - 車中泊・アウトドアグッズ , , , , , , ,