*

GWひたち海浜公園混雑状況・アクセスと駐車場開場時間(ネモフィラ)

   

 

0941ひたち海浜公園1

 

ゴールデンウイークにひたち海浜公園のネモフィラを観に行きました。
正確にいうと、休前日ですが(^^;
死ぬまでに観たい絶景と言われているので、混雑を予想して何とか1日早く休みをゲットして行ってきました。



 

 

アクセス・高速出口

都心から向かうと、常磐道→北関東道→東水戸道路→常陸那珂有料道路を経由して、ひたち海浜公園ICで降りるのが一番近いです。

一見複雑そうに見えますが、常磐道の友部JCTで北関東道の「ひたちなか・大洗」方面に進めばそのまま直進なので迷うことはないでしょう。

ひたち海浜公園ICが一番近いICになりますが、1つ手前のひたちなかICや、1つ先の常陸那珂港ICでもアクセスできます。

混雑状況に応じて使い分けるのがよいと思います。

 

駐車場迂回ルートと混雑

ひたち海浜公園の公式HPには、駐車場までのルートがとても丁寧に案内されています。

また混雑時の迂回ルートも書かれています。

少し大回りにはなりますが、私たちも迂回ルートで入りました。

ひたち海浜公園ICからのアクセスだと信号を右折で入るので混雑時は進みが悪いようです。

迂回ルートだと左折で入れるので比較的進みがよいです。

駐車場の混み具合は、ひたち海浜公園の公式ツイッターで、リアルタイムで確認することができますので、参考にすると良いでしょう。

 

駐車場開場時間と混雑

ひたち海浜公園の駐車場は、開園の30分前から入ることができます。

開場と同時に駐車場に入りました。

実際には30分よりも少し前倒しで開場していたようで、9時頃だと混雑状況はこんな感じでした。

0859ひたち海浜公園駐車場1

 

すでにバスも着いていましたが、駐車場にはまだまだ空きがいっぱいありました。

0859ひたち海浜公園駐車場2

 

開園

開園30分前、9時でこのくらい並んでいます。

0908ひたち海浜公園ならび

バスもついて、開園までにどんどん人は増えていきました。

私たちも30分並びました。

開門になると、皆が一斉に園内になだれ込みます。



スポンサーリンク
 

 

ネモフィラ

入場口から「みはらしの丘」まで歩きます。

これが意外と遠くて、10分ぐらい歩きます。

皆足早で、まるで競歩のレースみたいでした(^^;

先頭の人は走っていました。

競歩レース上位入賞し(?)、人の少ない写真を撮ることができました。

10時頃になると、このぐらい人がいます。

1003ネモフィラ

 

ひたち海浜公園はとても広いです。

園内をあちこち 歩いて11時半頃に駐車場に戻ってきました。

駐車場は混雑はしていましたがまだ空きはありました。

入場口までは遠くはなりますが、渋滞ということもなく十分停められました。

1124ひたち海浜公園駐車場3

 

今年は天候の関係で、ネモフィラが早く咲いてしまいました。

例年ならゴールデンウィークが見頃なので、もっと混雑していたかもしれませんね。

(ココ)

 
車中泊便利グッズ 

  
最後までお読みいただきありがとうございました 😛

広告・サイト内ピックアップ記事

 



 - 車中泊の旅 , , , ,

車中泊におすすめの便利グッズを探してみました