*

気軽に楽しめる天神平と一ノ倉沢の散策おススメコース

   
  2017/11/30

 

一ノ倉沢

 

秋の紅葉シーズンに向けて、昨年の天神平と一ノ倉沢の散策情報を紹介します。
昨年は時期的に少し早かったので、紅葉している時期の景色と合わせてお楽しみください。その年によりタイミングは変わると思いますが、10月中旬と下旬では、だいぶ紅葉具合が違いました。タイミングがあえば、圧巻の紅葉の景色を観ることができます。気軽に行けて素晴らしい景色を堪能できるおススメの紅葉スポットです。



スポンサーリンク
 

 

谷川岳には登山で向かう人も多いかと思いますが、私たちの場合は、写真を撮ったり普段の運動不足解消だったり、気分転換だったりするので、あまり厳しくないお気軽な散策、ハイキングを楽しんでいます。
今回は、ロープウェイとリフトで行ける天神平と、1時間弱のほぼ平地を歩く一ノ倉沢までのお気楽おススメ散策コースのご紹介です。

 

天神平

今回は谷川岳の登山ではなく、動力頼りでいくお気楽散策コースです(^^;)
谷川岳ロープウェイ で中腹まで上がり、そこから先はリフトに乗り換えて天神平峠まで上がります。ロープウェイとリフトで約20分くらいでたどり着けます。

谷川岳リフト

到着したリフト降り場の上は展望台になっています。
ここからは、谷川岳や朝日岳、赤城、榛名山など周囲の山々の大パノラマを見ることができます。

展望台からの谷川岳を望む展望台からの谷川岳を望む

谷川岳にはリフト降り場から行くことができます。

さらに、リフト降り場から少し階段を上がると標高1500mの見晴台があります。

天神峠からの景色

ここからは天気が良いと富士山が見えます。
私たちは、2回行って、最初の1回だけ薄っすらと見ることができました。

帰りは来た時と逆順で、リフトとロープウェイを乗り継いで楽々のご帰還です。
ここまでなら街歩きの恰好でも十分に楽しめます。



スポンサーリンク
 

 

一ノ倉沢への散策路

下のロープウェイ乗り場をベースプラザと呼ぶそうです。
一ノ倉沢へのはこのベースプラザから歩いて行きます。

谷川岳ベースプラザ

谷川岳ベースプラザ

車両通行不可なので安心して歩けます。
道は舗装されていますし坂も緩やかなので、運動不足の方でも歩けると思います。
ただ片道1時間ほど歩きますので、歩きに自信のない方は、ベースプラザから一ノ倉沢までの送迎車を利用するとよいでしょう。

往復約2時間ほどのコースになるので、ウォーキングできる装備・恰好で行きましょう。

一ノ倉沢散策

一ノ倉沢散策道案内

一ノ倉沢散策道案内

進行方向の左手が谷川岳になりますが、谷川岳はところどころしか見えません。
でも見える場所に来ると、素敵な景色に感動します。
右手は川を挟んで朝日岳の方角です。歩いていて常に見えていますが、こちらも良い景色です。

10月中旬の景色笠ヶ岳・朝日岳・白毛門

昨年は紅葉には少し早いタイミングでした。もう少し色づくとこんな景色を観ることができます。

10月下旬の景色谷川岳

 

マチガ沢で一休み

一ノ倉沢に向かう途中、平坦な道を30分くらい歩いたところで、谷川岳の方に開けた好景観な場所、マチガ沢に到着します。目的地の一ノ倉沢に比べると景観の開け具合が狭い感じがしますが、こちらも素敵な景色です。
ベンチもあるので、休憩するにはちょうど良い場所と時間です。

10月中旬マチガ沢

 

こちらも色づくとこのような景色になります。
10月下旬
谷川岳

 

一ノ倉沢に到着

ベースプラザからゆっくり写真を撮りながら平坦な道を歩いて1時間ほどすれば一ノ倉沢に到着です。普段運動不足の私たちも余裕でした^^;

昨年は10月中旬に行きましたが、紅葉にはまだちょっと早いですね。

一の倉沢

 

紅葉の時期だと土日や祝日はとても混雑すると思いますが、平日の特にお昼前であれば人は少なく、快適に歩けると思います。私たちは2度とも平日ですいていましたが、それでもお昼を過ぎると団体さんが集団で歩いてきますので、午前中がオススメです。

天神平の紅葉が早かったので、こちらの紅葉もまだ先です。
部分的に紅葉している木がありますが、ピークの時期だと彩り豊かで圧巻の景色になります。

その年の気候によって紅葉のタイミングは違うと思いますが、10月下旬に行ったときはこんな景色が観れました。

一の倉沢

 

一ノ倉沢までの道は、初心者でも安心して歩けて、素晴らしい景色を観ることができるのでおススメです。

 

次回に向けて

どこの紅葉に照準を合わせるかにもよりますが、やはり一ノ倉沢の紅葉が素敵だと思います。
天神平の紅葉のピークが終わるくらいが、一ノ倉沢の紅葉にはちょうどよいタイミングになるようです。

谷川岳の山頂登山は、約5時間のコースです。
体力不足の私たちは一歩手前の以下のコースで足慣らしが必要です。

 

天神尾根ウォーキングコース(2時間)

リストを降りて谷川岳山頂に向かう途中の熊穴沢避難小屋で引き換えすコース
熊穴沢避難小屋までの景色を堪能できるかなぁ...要調査です。

 

一ノ倉沢(1時間50分)

一ノ倉沢の遊歩道を歩き、帰りに遊歩道の下を流れる川沿いに歩くコース
スタートとゴールの地点が土合口駅になります。車はここに置きっぱなしにできるのか、こちらも要調査です。

 

近隣の道の駅と入浴施設

天神平も一ノ倉沢も午前中に周るのがベストです。車中泊と日帰り入浴の参考情報です。
ロープウェイ乗り場のベースプラザから11kmほど東京方面に下りたところに、道の駅 みなかみ水紀行館があります。

道の駅 みなかみ水紀行館

 

日帰り温泉

ふれあい交流館
・午前10時~午後9時(午後8時30分最終受付)
・定休日:第1・3火曜日(祝日の場合は翌週)
・料金:大人570円

2016年10月中旬時点の情報です。

(ペリ)



スポンサーリンク
 


最後までお読みいただきありがとうございました 😛

広告・サイト内ピックアップ記事

 



 - 車中泊の旅 , , , , ,