*

寸又峡・夢の吊橋散策コース・混雑と駐車場情報(秋の紅葉)

   
  2017/12/18

 

夢の吊橋1

 

紅葉には少し遅かったのですが、寸又峡に行ってきました。
寸又峡には「夢の吊橋」という有名な橋があります。1度に10人までしか渡ってはいけない、足元がスケスケの橋です。
ハイキングコースの様子と注意点、寸又峡や夢の吊橋の紅葉具合、駐車場の混雑状況などをまとめました。



スポンサーリンク
 

 

寸又峡

寸又峡は21世紀に残したい日本の自然百選、新日本観光地百選に選ばれています。

夢の吊橋を巡る「寸又峡プロムナードコース」というハイキングコースがありますが、今回はこのコースを散策しました。

このほか、「グリーンシャワーロード」や「外森山ハイキングコース」などがあり、初心者でも楽しめるハイキングコースです。

 

川根本町まちづくり環境協会HPより 奥大井紅葉なびより
奥大井の紅葉スポットと鑑賞に役立つ情報

 

寸又峡の駐車場(第5駐車場)

寸又峡駐車場看板

寸又峡のハイキングコースの出発点に一番近い駐車場は、第5駐車場になります。停められる台数は少ないです。(20台前後)

私たちが行ったのは、金曜日でした。
平日ということもありましたが、駐車場に7時頃に着いて、無事停められました。
その後、徐々に駐車場が埋まりましたが、8時20分ごろで4台の空きがありました。

寸又峡駐車場1

 

10時半頃散策から戻ってきましたが、その時は駐車場の空きはなかったです。

寸又峡駐車場2
ただ、出入りはありました。他の駐車場へ回ったのかもしれませんが、並んではいなかったので、タイミングがよければ、停められるかもしれません。

朝早くから歩いている人は、「寸又峡プロムナードコース」だけなら午前中に戻ってくると思います。実際私たちもそうでしたから。

ただ、他にもハイキングコースがあるので全部歩くとか、朝日岳の登山口にも近いので、登山をされる方は、戻ってくるのも遅いと思います。

ゴールデンウイークや紅葉の時期などは、もっと混雑すると思うので、よっぽど早く来なければ停められないのではないでしょうか。
最初から、台数の多い駐車場へ置いた方がよさそうです。

誘導してくれるおじさんがいるので、他の駐車場へ回る際も案内してくれると思います。

なお、駐車場は有料で500円です。係りの方がいない場合は、料金箱にお金を入れておきます。なんとも心がなごみます。

 

寸又峡駐車料金1

 

トイレ

寸又峡トイレ1

駐車場の側にトイレがあります。
個室は洋式2、和式2、ベビーチェアはありませんでした。
施設に古さはありますが、普通に使えました。

寸又峡トイレ 寸又峡トイレ2 寸又峡トイレ

 

「寸又峡プロムナードコース」について

「寸又峡プロムナードコース」は、一部かなり急な坂や長い階段があります。その坂と階段を覚悟できれば(^^;)、他は歩きやすいコースでした。

ただコースのなかには、足元の悪い場所もあります。坂や急な階段、吊橋を渡ることを考えても、歩きやすい靴を履いて行った方がいいと思います。

写真を撮りながらなので、ゆっくり歩いて約2時間ほどでした。

『夢の吊橋』を安全に楽しむための5か条には、片道30分~40分とあるので、私たちは相当ゆっくり歩いたのだと思います(^^;)

毎度のことですが、太ももが張って、膝の調子もよくなくて心配だったので、ストックを1本だけ持っていきました。

コースガイドに「急坂」「急階段」と書かれたところがあり「途中で膝が痛くならないかな・・・」という不安がありました。

でも、最後まで無事歩けました。きついのは、夢の吊橋の前後だけです。確かに急な階段はきついですが、ムリせず、ゆっくり歩けば大丈夫、という感じのコースです。

ストックを使うほどの山道ではありませんが、登りの階段にはあってよかったです。

奥大井の旅なびHPより
『夢の吊橋』安全に楽しむための5か条

寸又峡ほっとステーションHPより
イラストマップ

 

「寸又峡プロムナードコース」を歩く(約2時間)

寸又峡入り口ここから出発です。

「寸又峡プロムナードコース」で寸又峡の吊り橋(夢の吊橋)を周ります。

身支度をして、8時過ぎに出発しました。

歩き始めると、お店があります。

寸又峡お土産屋

足湯や日帰り温泉のあるおしゃれなカフェもありました。

寸又峡カフェ&温泉

 

環境美化募金

歩き始めて間もなく、寸又峡の環境美化の募金が置いてありました。私たちも、ほんの気持ちですが募金させていただきました。

寸又峡環境募金1

 

この先にトイレが一カ所ありますが、それを過ぎると尾崎坂展望台までは、売店もトイレもありません。(尾崎展望台には自販機がありました。)

途中のトイレ寸又峡途中のトイレ

 

天子のトンネル

しばらく行くとトンネルがあり、ここをくぐります。「天子のトンネル」というトンネルです。この時は、足元に水たまりや、ぬかるんだところがありました。

寸又峡天子トンネル

 



スポンサーリンク
 

 

「夢の吊橋」

夢の吊橋へ行く道は、途中で分かれます。

吊り橋を渡れる定員が10人のため、混雑する時期は一方通行になるからです。この日も一方通行でした。

ここまでの道は楽な道でした。

夢の吊橋一方通行

急な階段で夢の吊橋まで降りていきます。最初は滑りやすい階段なので注意が必要です。

夢の吊橋下り階段

途中から石の階段になりますが、まだまだ下ります。夢の吊橋下り階段2

 

夢の吊橋と、夢の吊橋の象徴、青い湖面が見えてきました。夢の吊橋に到着です。

夢の吊橋3

思ったよりも長く、高く、細いので、高所恐怖症の私は「渡れるかな」と不安でした。

でもせっかく来たのだから、渡らないともったいない(?)と言うことで、頑張って渡ることに。

橋のたもとに5,6人、人はいましたが、渡ろうかどうしようか迷っている人や、見ているだけの人もいて、ほぼ待ち時間なしでした。

吊り橋を渡れる定員が10人と書かれた看板が目について、思わず橋の上にいる人数を数えましたよ(^^;)

夢の吊橋注意書き

さぁ、いよいよ夢の吊橋を渡ります。

夢の吊橋足元
怖くて、ロープを必死に握りながら渡りました。

そうそう、この日は結構な強風で、ホントに怖かったです。

それなのに・・・一方通行のはずなのに・・・なぜか反対から渡ってくる人もいました。

勘弁してください(/_;) 強風の中、細い橋の上ですれ違うのは、かなり怖かったです。

強風にあおられて、途中止まりながらも、この状況から早く脱出したくて、わき目もふらずに渡りました(*_*)

夢の吊橋を渡る

 

夢の吊橋は、一度に10人までしか渡れないので、GWや紅葉の時期は60分から120分も待つことがあるそうです。
また外灯がないので、暗くなると通行できません。時間は余裕をもって行かれた方がよいですね。

 

尾崎坂展望台へ

さて、この橋を渡ったあとが、また大変です(^^;)
渡り切ったところに階段があり、かなり急です。これを登ります。

夢の吊橋上り階段

304段を登らなければなりません ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

夢の吊橋階段

寸又峡階段

 

途中、「くろう坂」や「やれやれどころ」なんていうのがありますので、楽しみながら登ってみてください(;´∀`)

階段を登りきると、展望台が近いです。

 

尾崎坂展望台に到着です。休憩できるようになっています。

展望台

「21世紀に残したい自然百選」に選ばれています。

展望台2

 

飛龍橋付近

この辺りの紅葉には少し遅かったようです。

天気はよかったのですが、日の当たりが悪くて景色は余計イマイチになってしまいました。時間帯を選ぶと、もう少し綺麗に見えるのかもしれません。

橋からの紅葉

 

帰り道、トンネルを出てからの方が、紅葉が綺麗でした。この辺りと、山の紅葉のタイミングは違うので、仕方ないですね。寸又峡帰りの紅葉

 

草履石公園

「寸又峡プロムナードコース」の終わり付近に「草履石公園」という公園があります。それほど広くはないですが、ここの紅葉が綺麗でした。

草履石公園
この時期は、夢の吊橋付近よりも、駐車場付近の方が綺麗でした。

時期があえば、夢の吊橋や飛龍橋付近も、もっと綺麗な紅葉なのでしょうね。

紅葉は少し残念でしたが、新緑の頃もいいなぁと思いました。

2017年11月下旬時点の情報です。

(ココ)



スポンサーリンク
 


最後までお読みいただきありがとうございました 😛

広告・サイト内ピックアップ記事

 



 - 車中泊の旅 , , , , ,