*

車中泊仕様車の自動車保険選び ②架装と改造

   
  2017/11/28

 

架装

 

車中泊仕様の車には、キャンピングカーと同様に、冷蔵庫やサブバッテリー、TVなどの電気製品と、ベッドやイス、シンクなどの家具を車内に配置しています。
このように架装している場合、自動車保険ではこれらも補償対象になるのでしょうか?
3ナンバーの場合、この架装は改造にはあたらないのでしょうか?
そこで4回に渡って、我が家の車中泊仕様車(3ナンバー)の自動車保険について見直した際に、調査検討した内容をお伝えします。
3ナンバー以外でも共通する考え方もあると思いますので、保険会社選びや補償内容の検討の参考にしていただけると幸いです。
ただし、すべての保険会社に当てはまるわけではないので、必要な際はご自身で直接確認するようにお願いします。
2回目の今回は、架装と改造について触れます。



スポンサーリンク
 

 

自動車保険加入のチェックポイント、架装と改造

車中泊仕様の車には、キャンピングカーと同様に、冷蔵庫やサブバッテリー、FFヒーター、TV、LED照明などの電気製品と、ベッドやイス、シンクなどの家具が配置・架装されていると思います。
これが一般の車と異なるところですが、自動車保険に加入する際にチェックするポイントは大きく2つあります。

①架装が改造にあたらないか
②架装への補償をどうするか

ここでは①についてご紹介します。
(②については、次回の記事で触れていきます。)



スポンサーリンク
 

 

①架装が改造にあたらないか

8ナンバーは改造車ですので、改造車(8ナンバー)でも入れる保険会社を探しましょう。
キャンピングカーのための自動車保険「シェアティブ」もありますのでご参考まで。

 

車検証に「改」の文字はないけど、改造にあたるの?

自動車保険を検討していたら、ある保険会社AのWebサイトに『3ナンバーでも車検証に「改」と記載されておらず、車両検査は通るが改造している車は引き受けできない』といった主旨の注意事項が書いてありました。
我が家の車は3ナンバーです。車検証に、改造を示す「改」の文字はありません。

また別な保険会社Bでは、改造について『市販の自動車に何らかの手を加え、市販状態ではない状態にすること。ただし、合法なパーツへの交換は改造にはあたらない』といった定義がなされていました。

合法パーツとは何? 我が家の3ナンバー車は加入できるのか? よくわかりません。
そこで、保険会社Bに電話で聞いてみました。

まず、車検証に「改」の文字がないという説明をしたところ、我が家の3ナンバー車は加入できるとのこと。そして、合法パーツの定義を聞いてみたところ、明確な回答はなく、「パーツを販売・交換した業者に確認してください」とのことでした。

このように改造や合法パーツの定義、加入条件については、保険会社で異なる場合がありますので、電話等で確認してください。

改造に当たらなくても、保険会社によってはインターネットでの申し込みができず、電話での応対による加入になる場合があるようです。
その場合、インターネット割引が適用されなくなるのでご注意ください。

※2つ目のチェックポイント「②架装への補償をどうするか」については、次の記事で触れていきたいと思います。

<スポンサーリンク>
楽天自動車保険一括見積もり
自動車保険は比較で安くなる!

ご注意

ここで紹介した自動車保険に関する情報は、私が幾つかの保険会社のコンタクトセンターに電話して聞いた内容です。
保険会社によって異なる条件の場合がありますので、検討している保険会社に必ずご自身で確認するようにお願いします。
また、私は保険の専門家ではなく素人ですので、もし理解が間違っていたら、コメントなどでご指摘頂けると幸いです。

★次の記事では、「架装への補償」について触れていきます。

2017年10月時点での情報をまとめています。

関連記事:
車中泊仕様車の自動車保険選び ①ナンバーと保険会社
車中泊仕様車の自動車保険選び ③架装への補償
車中泊仕様車の自動車保険選び ④私が選んだ自動車保険プラン

(ペリ)



スポンサーリンク
 


最後までお読みいただきありがとうございました 😛

広告・サイト内ピックアップ記事

 



 - キャンピングカー選び , , , , ,