*

激安で登山用ザックを買いました

   
  2017/12/06

 

石井スポーツ登山用ザックPAINEパイネ

 

先日石井スポーツに行った際、登山用ザックがとてもお買い得になっていたので買ってしまいました(^^;)



 

 

「PAINE パイネ 35L+10L」の特徴

前回「トレッキング用のザックが欲しい」「気に入ったものを見つけるのが難しい」と投稿したばかりでしたが、たまたま寄ってみた石井スポーツでお買い得品があり、満足のいくザックを手に入れることができました (^^)

購入したのは「PAINE パイネ 35L+10L」という商品です。

石井スポーツPINEザック

 

「PAINE」は石井スポーツの自社ブランドで、廃盤になるとのことで安くなっていて、お値段は8,848円(税別)でした。
希望の10,000円以内です。

石井スポーツPINEザック

 

特徴としては
・雨蓋タイプです
・雨蓋部分にポケットが付いています
・2気室です
・フロントからのアクセスができます
・フロントにポケットがあります
・レインカバーが付いています
・10L増やせます

もちろん欲しかった機能も付いています
・ウエストベルトにポケットが付いている
・チェストベルトが付いている
・ストックを装着できる

あまり使わないと思いますが、一応ハイドレーション対応です。

雨蓋部分にあるポケット石井スポーツ登山用ザックPAINEパイネ

 

2気室です
石井スポーツ登山用ザックPAINEパイネ

 

フロントからのアクセス
石井スポーツ登山用ザックPAINEパイネ

 

フロントのポケット
マチはないので小物用です
石井スポーツ登山用ザックPAINEパイネ

 

レインカバー
石井スポーツ登山用ザックPAINEパイネ

 

レインカバーを装着
石井スポーツ登山用ザックPAINEパイネ

 

プラス10L部分
石井スポーツ登山用ザックPAINEパイネ

 

ウエストベルト
石井スポーツ登山用ザックPAINEパイネ

 

背面
石井スポーツ登山用ザックPAINEパイネ

 

同じようなタイプのものは2万円前後していたので、見つけたときはすっごく嬉しかったです(^^)

色は私はネイビーでとても気に入っています。ペリはオリーブ。サイズもちゃんとありました。
私のも、ペリのも最後の1つ、現品限りでまさに巡り合わせでした。

 

サイズで迷ったら

「PAINE」の30Lサイズも同じくらいの値段だったので、どちらのサイズにしようか随分迷ったのですが、緊急時(?)には、10L増やせるというのに惹かれてしまい、「大は小を兼ねる」ということで、35L+10Lを選択。十分すぎる大きさです (^^;)

ちなみに本当に登山をする人は、できるだけ荷物は少なく、軽く、そして荷物の量に見合ったザックを選ぶことが大切なので、大は小を兼ねないそうです。

サイズで迷った時に、「30L」と「35L+10L」を比較してお店の方が次のようにアドバイスしてくれました。

 

小さい方(30L)について

・ザックには8割くらい荷物が入っていた方が安定するので、大きすぎるのはかえって使いにくい

・登山用の衣類や装備は機能性が高くコンパクトなので、荷物を減らすことができるため30Lでも十分

 

大きい方(35L+10L)について

・荷物が少ない時は、2気室のうち、下を使わないでパッキングするとよい

・旅行などでも使うつもりなら、容量が増やせるので便利

・基本的に+10Lの部分は、「どうしても」という時のためなので、通常は増やさずに使うことでよい

 

正直、35L+10Lの方を背負ったときには、「大きいかな」「大袈裟かな」と感じたのですが、日帰りで使ってもおかしくないとのこと。

それに30Lを背負っても同じように大きさを感じました。雨蓋タイプのものは初めてで、今までのリュックと形状が違うので、大きく感じたのだと思います。

気を取り直して、どちらが自分たちにとってより使いやすいのか再検討です。



スポンサーリンク
 

 

大きいサイズに決めたワケ

最終的に大きいサイズに決めました。

私たちは本格的な登山はしないので、登山用の衣類や装備は持っていません。たいていが代用品です。

また、夏よりも春や秋に活動することが多いので、防寒具など比較的かさばる荷物が多いと思います。

主な利用は日帰りのトレッキングですが、今後1泊程度する可能性もあること、旅行でも使う可能性があることを考え大きい方を選びました。

 

フィッティング

お店の人にフィッティングの仕方も教えていただきました。

1.腰ベルトの位置を決めて、ベルトを締める

2.腰ベルトが固定されるように、ショルダーベルトを後ろに引く

3.スタビライザーを前に引き、ショルダーベルトの位置を調整する

4.チェストベルトの位置を調整する

きちんと背負ったら、今まで使っていたリュックとは別物で、全く違いました。背中にピッタリ背負うことができると楽だということを実感です。今までは荷物を入れるとリュックの底がお尻まで垂れ下がってしまっていました。

 

大満足のお買い物でしたが、軟弱アウトドア者なのに、こんな立派なザックを買ってしまって良かったのかと、今になって気後れしています (^^;)

せっかくよいお買い物ができたので、宝の持ち腐れにならないようにしなくっちゃ。

(ココ)

 
最後までお読みいただきありがとうございました 😛

広告・サイト内ピックアップ記事

 


  この記事のカテゴリ: 車中泊・アウトドアグッズ
 
  カテゴリ内の前の記事:
 

 - 車中泊・アウトドアグッズ , , ,