*

軽井沢立ち寄りおすすめスポット・老舗の温泉&グルメ&土産|所さんお届けモノです

   
  2019/06/10

いつか行きたい

 

毎週全国各地から、面白いものや美味しいものが届く「所さんお届けモノです」という番組、結構好きなんです(^^)
その中の中山道企画では、100年以上続く老舗の新名物を紹介しています。
出かけた際の立ち寄りスポットとして参考になる情報があります。



 

 

番組情報

TBS系列 2019年1月6日(日)午後5時~
「所さんお届けモノです」
中山道 100年以上続く老舗の新名物

■出演
MC:所ジョージ
ゲスト:劇団ひとり
アシスタント:新井恵理那
Wエンジン:チャンカワイ
集荷係:田中卓志

 

第十八次 軽井沢宿

ジョン・レノン直伝の名物が進化! 老舗ホテルの美味しい新名物

[トリバゴ掲載情報にリンク]

[トリバゴ掲載情報にリンク]

軽井沢宿からは、万平ホテルの新名物をご紹介します。

万平ホテルは、軽井沢で初の西洋ホテルであり、最も格式の高いホテルです。
田中角栄元総理やジョン・レノンなど数々の有名人が訪れています。

そしてここの新名物は、ジョン・レノンが残してくれたものです。

 

■ロイヤルミルクティー 907円(税込)

ある時ジョン・レノンがミルクティーを注文します。

ミルクティーを出すと、「こうじゃない、鍋と紅茶と牛乳を貸してくれ」といい、ジョン・レノンがその場でミルクティーを作ったのだそうです。

万平ホテルの「ロイヤルミルクティー」は、今でもジョン・レノンのレシピ通りに作られています。

老舗ならではのエピソードですね。

 

■万平ホテル 伝統 1620円(税込)

ジョン・レノン直伝のロイヤルミルクティーを進化させた新名物スイーツ「万平ホテル 伝統」は、
万平ホテルのカフェテラスで食べられるワッフルです。

ジョン・レノンのロイヤルミルクティーをアイスにし、190年の歴史を誇るベルギーの老舗焼菓子店ダンドワのワッフルと合わせたコラボスイーツ。

2年前にメニューに登場しました。

ワッフルにロイヤルミルクティーのアイスやナッツ、信州りんごのドライフルーツものっています。

ワッフルはサックサク、ロイヤルミルクティーのアイスは甘すぎず、これを食べた所さん「おいしい!」と絶賛でした。

このスイーツは、軽井沢宿の万平ホテルに行かないと食べられません。

 

スイーツもそうですが、ジョン・レノン直伝のロイヤルミルクティーというものを飲んでみたいな。。。

 

 

第十九次 沓掛宿

沓掛宿は中軽井沢と呼ばれグルメ通りとして人気のエリアです。

軽井沢に別荘を持つ昭和の大スターたちが愛したそばの名店のご紹介。

 

■創業148年の歴史を誇る「かぎもとや」

80歳のご主人が、今も美味しいそばを打っています。

こちらの店には、昭和の大スター石原裕次郎さんや、渥美清さんも通っていたそうです。

おすすめは「ざるそば・天ぷらセット 1750円(税込)」

[リンク] かぎもとや 中軽井沢本店(食べログ)

 

我が家は、旅行中のお昼はお蕎麦を食べることが多いんですよね。

お蕎麦屋さんの情報はありがたい(^^)

 

第二十次 追分宿

追分宿は浅間山のふもとにある、静かな軽井沢を堪能できる穴場スポットです。

そんな追分宿にある泉洞寺には新名物・・・というよりも新名所でしょうか。

 

■泉洞寺・カーリング地蔵

1998年の長野オリンピックでカーリングが正式種目となり、初めての会場が軽井沢でした。

ここ泉洞寺には「カーリングの聖地を作りたい」と、ご住職の桜井住職様が「カーリング地蔵」を作ってくれました。



スポンサーリンク
 

 

第二十二次 岩村田宿

昔の雰囲気から一変したのは、ここ岩村田宿。

この岩村田宿は江戸時代、近隣の小諸、甲州、下仁田の分岐点であり、交通の要衝として賑わった宿場町です。

[じゃらん掲載サイトにリンク]

中でも、佐久ホテルは室町時代から創業590年続く信州最古の老舗旅館。

この宿には、教科書に出てくる数々の偉人も宿泊しました。

有名どころで、北原白秋・島崎藤村・小林一茶・武田信玄等々。

部屋には宿泊した有名人の名前が付けられています。

 

 

また、戦国武将の武田信玄はこの宿に宿泊した際に、ここの温泉に感激して、お礼にと直筆の自画像を残しています。

ここの温泉は、一見何の変哲も無い温泉なのですが、実は「神秘の湯」。

日によってお湯の色が白・黒・黄・緑・赤・透明に変化するので「七色の湯」と呼ばれています。

信玄公はこの神秘の湯に感動したのでした。

ちなみに、これまで5回成分の調査を行いましたが、成分はいつも同じ。

まさに「神秘の湯」ですね!

 

そんな岩村田宿の新名物は、全国シェア4割以上の名物が進化!

和・洋・スイーツ・にも使える万能調味料です!

■和泉屋商店 カケルミソ 756円(税込)

味噌をパウダー状にしたその名も「カケルミソ」

1853年から創業165年の歴史を持つ和泉屋商店が「味噌をもっと普段使いにして欲しい」と味噌をフリーズドライにした、新スタイルの調味料。

味はプレーン、黒こしょう、柚子の3種類あります。

早速、スタジオのみんなで試食。

白ご飯のおにぎりには、「つけるだけで焼おにぎりになる」

所さんは黒こしょう味が特にお気に入りのようでした。

劇団ひとりさん曰く「塩・胡椒・レベルまで出世できるかもしれない」

所さんは「これは世界が待っている」と絶賛!

バニラアイスにかけても美味しいようです。

所さんは食わず嫌いで、食べていませんでしたが、劇団ひとりさんは「バリバリうまい」と言っていました。

アシスタントの新井さんも美味しいと。気になる方はバニラアイスとのコラボもお試しください。

 

醤油パウダーは使ったことがありましたが、この味噌パウダーは初めて知りました。

みんなが絶賛する味噌パウダー、一度食べてみたいです。

 

ジョン・レノンゆかりのスイーツ、七変化の湯、世界が待っていそうなアイデア調味料。

日本にはまだまだ、いろんなお届けものが溢れていますね。

中山道企画は、お出かけの際の立ち寄りスポットの参考にもなって楽しいです。

 

 
車中泊便利グッズ 
 
最後までお読みいただきありがとうございました 😛



 

 

広告・サイト内ピックアップ記事

 


  この記事のカテゴリ: 行ってみたい
   
 

 - 行ってみたい , , , ,

車中泊におすすめの扇風機探してみました