*

初めての車中泊

   
  2017/08/18

初めての車中泊は、お試しで行った箱根でした。



 

 

お試し車中泊

寝床がフラットではなかったことと、泊まった場所が国道沿いで、車の音がうるさかったこともあり、あまり眠れませんでした。(「お試し車中泊で分かったこと」参照)

朝5時には車の外に出てお散歩したり、写真を撮ったり。

    

不思議なのですが寝不足のはずなのに、朝の空気が清々しくて、とっても気持ち良かった。。。

この朝の時間が何とも言えない魅力となり、また車中泊したくなるのです。

 


 

 「お試し車中泊」、予定は何も立てていなかったけど・・・

 

7時半頃、お散歩しながら芦ノ湖を見て、箱根神社へ。 

 

 

9時過ぎ、久しぶりに大涌谷へ。黒玉子も食べました。富士山も綺麗に見えています。

   

大涌谷を一回りして、帰るころには駐車場が満車になり、列を作っていました。

 

10時半頃、9月中旬だったので、仙石原のススキでも見に行ってみようかと。

 

 

ススキの中を散策して駐車場へ戻る時には、付近は大渋滞でした。

私たちは帰るので、渋滞とは逆方向です。

こうして初めての車中泊で、渋滞を回避してゆっくり観光、

そして気持ちの良い朝の時間を味わって、その魅力に取りつかれたのでした。



スポンサーリンク
 

 

車中泊をする際のお勧め

気軽に出掛けられる車中泊とはいえ、泊まる場所についてはあらかじめ調べることをお勧めします。

国道沿いでうるさい、治安が悪いなど、ネット上に情報を上げてくださっている方がいるので、参考にするとよいでしょう。

わが家も事前に調べて、治安が悪いという書き込みのあるところは避けるようにしています。

いくつか候補を上げておくこともお勧めします。人気の場所はすでに駐車場がいっぱいということもありますし、行ってみたらうるさい、平らなところがない、トイレが汚いなど「ここではちょっと・・・」ということもあるかもしれません。

また、道の駅によっては車中泊を禁止していたり、トイレの利用時間が決まっているところもあります。

全ての情報をネットで調べられるわけではないので、行ってみて分かったということもあるのです。

代案があれば気持ちにもゆとりができますし、移動もスムーズです。

高速のサービスエリアは気軽に利用できるのではないでしょうか。少しにぎやかかもしれませんが、24時間利用可能ですしある程度の治安も確保されていると思います。

わが家は大きなサービスエリアよりも、その前後にあるパーキングエリアを利用することが多いです。こじんまりとしていた方が静かですし、サービスエリアと比べれば明るさも控えめです。

(ココ)

 
車中泊便利グッズ 

  
最後までお読みいただきありがとうございました 😛

広告・サイト内ピックアップ記事

 

         
前の記事: 
車中泊の魅力
         

  この記事のカテゴリ: キャンピングカー選び
 
  カテゴリ内の前の記事:
 
  カテゴリ内の次の記事:

 - キャンピングカー選び, 車中泊の旅 , , , ,

車中泊におすすめの便利グッズを探してみました