*

キッチン網たわしの使用感

   

使い勝手のよい網たわし、いろいろ使ってみました



スポンサーリンク
 

 

キッチン網たわしとの出会い

6,7年前にパン作りにはまった時期がありました。

パン生地は道具を洗うのに苦労します。スポンジで洗うとスポンジに生地がべっとりついて、道具もうまく洗えないし、スポンジについた生地もなかなか落ちません。何で洗うのがよいか、いろいろ試したものです。

そんなとき、100均で目にとまったネット状のもの。直感でこれはいいかも・・・と思い、買って帰りました。

早速使ってみましたが、これがいいのです!
ネットリと付いたパン生地はこそげ取れるし、ネット自体は洗えば簡単にパン生地が取れました。

 

汚れたお鍋やフライパンにも

それからしばらくしてパン作りの熱も冷め (^^;)、このネットの存在を忘れていました。
でもあるときシチューの焦げがついたお鍋を洗おうとして、ふとこのネットの存在を思い出したのです。こういう汚れもスポンジでは洗いにくいんですよね。それからお鍋やフライパンは、最初にネットで焦げの汚れを落とし、その後洗剤をつけたスポンジで洗うようになりました。ネット君の復活です。

 

100均でなくなっていた (;_;)

復活したネット君、使い勝手がよいので買い置きしておこうと100均を探しましたが、どこに行っても置いてありません。評判がよくなくて取扱いがなくなってしまったのでしょうか・・・。
家にあるのが最後の1枚だったので、大事に使おうと半分に切って使っていました。

だいぶくたびれています(^^;網たわし

 

商品名が分からない

「きっとどこかで似たようなものがあるはず」そう思い、ネットで検索してみることに。こういう時、ネットは便利ですよね。

でも商品名が分かりません。「キッチン」「網」「ネット」「メッシュ」あたりの組み合わせで検索してみたのですがうまくヒットしません。自分のボキャブラリーのなさを恨めしく思いました。

 

キッチン網たわしとの再開

昨年ですが、いつも行くスーパーで「汚れ落ちがはなまるのネット」というのが目に入りました。よーく見るとネット状ではありませんか!こんな近くにあったのかと早速購入です。

家に帰り商品名で検索をすると、関連商品がいろいろと出てきます。そしてこの形状のものを『キッチン網たわし』と呼ぶことが分かりました。

『キッチン網たわし』、なるほど・・・私の頭の中に「たわし」というキーワードはありませんでした (^^;)

そしてなんと100均にも『キッチンあみたわし』があるではありませんか。あれだけ探してなかったのにいつの間に・・・。

商品の種類の多さを見ると私が知らないだけで、どうやら世の中では『キッチン網たわし』は認知され、その地位を確立していたようです。これでいつでも購入できることが分かり一安心です。



スポンサーリンク
 

 

いろいろなキッチン網たわし

現在わが家には、3種類のキッチン網たわしが未使用のままあります。スーパーで見つけたときは思わず買ってしまったのですが、本当は白いのが欲しくて、その後100均でも見つけて・・・ということで3種類になりました (^^;)

半分に切った100均の網たわしを大事に使いすぎてまだ現役なのです。網たわしは汚れが残りにくく、その形状から乾きやすいので長持ちするのかもしれませんね。

今、わが家にあるものの使い心地を知りたくて、コップとプラスチック容器を洗ってみました。私の主観ですが、使用感をまとめておこうと思います。

スーパーで見つけた『汚れ落ちがはなまるのネット』

目が詰まっているので掻きとった汚れがネットに残りそうですが、目が詰まっている分、プラスチック容器を洗うにはよい感じです。ネットというよりスポンジで洗っている感覚に近いものがあります。スポンジよりも容器の形にフィットするので隅が洗いやすいです。洗剤の泡立ちも良いです。ネットとスポンジの良いとこを合わせた感じです。

網たわし 網たわし
 

『油汚れをしっかり掻きとるすごいメッシュクロス』

ネットに細かいブラシがついています。これにより茶渋や魚焼きグリルの網などを洗うのによいとのこと。コーヒーで汚れたカップを洗剤を使わず洗ってみました。

網たわし ⇒ 網たわし

こんな感じです。ある程度は綺麗になります。漂白にはかないません。

形状はネット状ですが、細かいブラシがあることで洗剤の泡立ちはよく、ネットの厚みも感じられ、食器やプラスチック容器を洗うのにも安心感がありました。お鍋やフライパンの焦げ汚れを掻き取るのに使うのにはちょっともったいないかな?

網たわし 網たわし網たわし
 

ダイソーの『すみずみまで洗える!キッチンあみたわし』

数年前に買った網たわしと比べると、多分改良されているのだと思います。使用感が違っていて正直びっくりしました。店頭になかったのは、改良期間だったのでは?と勝手に思ってしまいました。
一番違うのは洗剤の泡立ちです。ちゃんと泡立ちますし、前の2つほどではないですが、以前のものと比べると食器やプラスチック容器を洗うのにも違和感がありませんでした。でも手の中でちょっと滑る感じがあるかな。焦げ汚れを掻きとるには一番適していると思います。

網たわし 網たわし
 

 

感想

私が網たわしを使い始めたのがもう何年も前なので、その頃の物とは別物と思った方がよさそうです。以前は泡立ちもイマイチで、使っているときのスカスカ感(?)が、食器洗いには少し心もとない感じがしていました。でも今回試したものはどれも、食器を洗う際の使い心地は悪くありません。スポンジよりも器の形にフィットして隅々まで洗える、乾きやすいので清潔に保てる、というのが特徴だと思いました。

 

わが家での使い方

わが家では食器洗いには『おさかなスポンジ』を使っています。浮気をしたこともありますが、これが一番手にしっくりきて洗いやすいので定着しました。

おさかなスポンジ

 

ただスポンジですので、シチューのお鍋などの焦げ汚れを洗うのには適しません。それで網たわしとの二刀流になるわけですが、同じような使い方をするなら、やっぱりダイソーの網たわしでしょうか。お鍋に使うのなら、個人的には半分の大きさで十分のような気がします。きっとまた半分に切って使うと思います (^^;)

『おさかなスポンジ』の代わりに使うなら『油汚れをしっかり掻きとるすごいメッシュクロス』かな。グラスなどはスポンジよりもスッキリ洗えると思いました。
ただビールやワイングラスのように、手が入らない深さのあるグラスは、『メッシュクロス』だとグラスの底が上手く洗えません。
同じ手が入らなくても『おさかなスポンジ』の方が洗えるのです。それゆえわが家は『おさかなスポンジ』なんですよね (^^;

メッシュクロス おさかなスポンジ
 

 

(ココ)



スポンサーリンク
 


最後までお読みいただきありがとうございました 😛




 - 生活用品・生活全般 , , , ,